栗橋北彩高校は、
四年制大学・短期大学・専門学校などあらゆるタイプの学校への進学や
まざまな職種への就職を徹底的に応援します。

 

【進路体験記】 

ニッポー株式会社 関東工場 事務職 ビジネスプラン(令和4年度卒業)

 もともと事務職か製造職かで迷っていましたが、先生から薦めていただいて資格を活かせる事務職にすることを決めました。求人票をよく見て、自宅から通勤しやすく、福利厚生がしっかりしていることを重視しました。職場見学の時に、社員の方々の働く姿や整った設備・環境を見て自分に合っていると思いました。最終的には先生方や両親とよく相談して決めました。面接練習は何度も取り組みました。試験対策としては、簡単な計算・暗算は早くから勉強しておき、学校で配られるSPI対策ドリルにしっかり取り組みました。作文は先生にお願いして何度も書き直しては添削していただき、作文はいろいろな題材で練習していました。面接・筆記ともに早めに対策をし、何度も練習すれば必ず自信につながります。

 

戸田中央看護専門学校 看護学科(公募推薦) プログレスプラン(令和4年度卒業)

 高校に入学した時から、看護師になりたいと思っていましたが、志望校を決定したのは3年の1学期です。自分の学力、学費、設備、就職先の病院のことを考えて、戸田中央看護専門学校が1番自分に合っていると思い志望しました。この学校の指定校推薦枠はないので、公募推薦で受験することに決め、筆記試験の対策を始めました。公募推薦は、面接試験と国語と一般教養の筆記試験でした。筆記試験では、一般教養が採用された初の試験だったので、空いている時間は一問一答の問題集を赤シートで隠して解いていました。国語は過去問がホームページにあったので、何回も繰り返し解きました。面接練習は2年の3学期から始めるようにして、夏休み中には完璧にできるようにしました。チャレンジして本当に良かったと思います。

 

日本工業大学 先進工学部 ロボティクス学科(指定校推薦) プログレスプラン(令和4年度卒業) 

 志望校を具体的に考え始めたのは2年生の夏休みです。私は工業大学へ進学したいと考えていました。まず、高校3年間の努力を評価してもらえる指定校推薦の枠がある大学に候補を絞りました。日本工業大学など3校ののオープンキャンパスに参加し、工作機械の質や実習の量などの施設設備や学習環境面を比較しました。その上で親と相談し、最終的に志望校を決定しました。入学試験の準備は、2年生の3学期後半から本格的に始めました。最初に取り掛かったのは面接です。はじめに、面接で話す内容を2か月かけて考え、その後、3年生の4月から11月まで半年以上、先生と面接練習を重ねました。また、細かい質問にすぐ答えるアドリブも苦手だったので、たくさん練習をしました。口頭試問は、数学A・Ⅲと物理でした。数学、物理担当の科目の先生に口頭試問対策問題を作っていただき、夏から試験日まで、何回も繰り返し解きました。

昨年度の進路実績

令和5年度卒業生の進路状況(単位:人)
(令和6年3月12日現在)
 

 

四年制
大学

短期
大学

専門
学校

就職

その他

合計

男子

15 0 19 53 0

61

女子

5 30 27 5 69

合計

18 5 49 26 5

130

13.8 3.8 37.7 40.8 3.8  
 

 進路決定率 
 
96.2%

  

 


令和5年度卒業生の主な進路先(令和6年3月卒業生)

 年制大学
*浦和大学 *江戸川大学 *共栄大学 *埼玉工業大学 *城西大学 *聖学院大学 *高千穂大学 
*東洋大学 *日本工業大学 *人間総合科学大学 *文教大学 *平成国際大学   他
 短期大学
*国際学院埼玉短期大学 *埼玉純真短期大学 *埼玉東萌短期大学 *東京家政大学短期大学部   
 専門学校
*青山製図専門学校 *大原学園大宮校 *大宮国際動物専門学校 *埼玉県立春日部高等技術専門校
*晃陽看護栄養専門学校 *越谷保育専門学校 *さいたま看護専門学校 *埼玉県理容美容専門学校 
*新宿医療専門学校 *日本工学院専門学校 *武蔵野調理師専門学校  他
 就職
*アイワイフーズ *亜細亜工業 *飛鳥薬局 *アルプス物流 *エスビースパイス工業 *栗橋翔裕園
*栗橋ナーシングホーム翔裕園 *ケイパック *コロンバン *サンゲツ *シード鴻巣研究所 
*ジェイ・オー・シー羽生 *東京地下鉄 *なとり *ニッポー関東工場 *日本カードプロダクツ 
*日野自動車 *藤倉コンポジット加須工場 *フランスベッドメディカル関東事業部 
*ブリジストンフローテック埼玉工場 *松井製作所茨城工場 *米久かがやき輝工場 *ラスコ 
*ロピア *YKK-AP埼玉窓工場 他